どの程度の値幅で損切りするかはATR(20)で測れ

  • 売買期間:2014年10月16日
  • 獲得利益:+26,180円
  • 運用口座:DMM.com証券

FX投資 収支報告

少々前ですが、過去の売買歴を更新します。

FX投資 収支報告

過去のAUD/JPYの値動きを見ると、10月6~9日まで高値95円台後半をウロウロしていたのが、10月16日に一時92円台を割り込み、24日には95円台までV字回復したという次第ですね。

値幅は一日の高値と安値の差を表していますが、10月13日~16日は一日に2円幅近い上下動があり、だいぶ荒っぽい値動きだったことがこの表からだけでも窺い知れるかと思います。

その隣のATR(20)という項目は、直近20日間の値幅の平均値です。10月6日の週は一日80銭程度の値動きだったのが、10月16日以降1日1円幅程度の値動きとなっています。

このATR(20)は、ストップロスの基準値として活用するのが一般的です。

たとえば10月6日の週では、1ATRの逆行をロスカットないしつなぐ基準とすれば80pips程度、2ATRであれば160pips程度となります。

同様に10月16日以降であれば1ATRの負けは約1円幅、2ATRだと2円幅程度の設定となります。

利食いは早くても死にませんが、損切りが遅いと即死の可能性があります。ですが、具体的に損切りのラインをどう見込めばいいのかよく分からないと言う方は、1ATRないし2ATRの値幅をロスカット値として採用するのをお勧めいたします。

ちなみに、勝率に拘る方は2ATRで、傷は浅めで留めておきたい方は1ATRでの設定が望ましいかと思います。

エントリーした分だけマイナスで、ドン底まで行きました

先日、「勝率9割!損切り不要のFX投資術」を購入されたI氏からこんなメールを頂戴しました。(※ご本人の許可を頂戴したので、全文引用させて頂きました)

こんにちは、Iといいます。

早々のご回答ありがとうございます。ご本人様より、回答が返信していただけるということは、信頼ある商材の証拠です。本日購入させていただきます。

自分も儲かるはずだったFX商材やツールで散々な目にあってきました。インフォトップでFX商材売上No.〇〇とか言われるものでもダメです。

いわゆる何も知らないビギナーズラックのときは利益が出ていましたがもう、その感覚には戻れません。エントリーした分だけマイナスを構築し続け、ドン底まで行きました。下手な商材とかに出会ってしまうと逆効果です。

もうやめた、と覚悟して商材メタチャートと、マネパHyperSpeedをアンインストール後に山田様の商材を発見しました。

この商材を最後のチャンスと受け止めました。どうぞよろしくお願いいたします。

教材購入前にお悩みの方もいらっしゃると思いますので、ご不明な点等があれば「無料メールセミナー」に登録するとメールアドレスが付記してありますので、そちらからご連絡頂ければ適宜回答させて頂きます。

ちなみにI氏のご質問の件は、「トレードが1日5分でOKというのは本当でしょうか?自分の都合の良い時間の5分で大丈夫ですか?その5分がレンジ相場でないとだめですよね」とのことでした。

上記には「ご都合の良い時間帯で構いません。レンジ相場の方が望ましいですが、取り組める時間帯に特別な制限はありません」と回答しております。

豪ドルが一日で2円幅落ちた件

  • 売買期間:2014年10月10日
  • 獲得利益:+33,630円
  • 運用口座:DMM.com証券

FX投資 収支報告

先日AUD/JPYは高値95.80円をつけた後、本日93.80円まで急落下。

94円台半ばあたりにサポートライン的なものがあったはずが、それをあっさりとぶった切って94円割れました。

ここ数日の値動き激し過ぎて、ちょっぴり目眩がします。

軟調な豪ドル相場はツナギ向き

  • 売買期間:2014年10月8日
  • 獲得利益:+18,440円
  • 運用口座:DMM.com証券

FX投資 収支報告

昨日AUD/JPYは一時94.70円まで売り込まれ、本日一転して95.80円まで反転するという慌ただしい動きを見せました。

で、繋いでいた売り玉を95円を割れたあたりで外し、本日再度ツナギ直した次第。米ドルは強気一辺倒だったのにちょっと陰りが見え始めましたが、豪ドルはここ2~3週間軟調な感じ。

ただ、95円あたりを基準に反転するので、上がる一方の展開よりはツナギ売るにはやり易い相場になったかと思います。

腐りかけの売りポジの賞味期限

  • 売買期間:2014年9月25日~10月1日
  • 獲得利益:+17,460円
  • 運用口座:DMM.com証券

FX投資 収支報告

USD/JPYは10月1日に一時110円台に乗せるほど強気一辺倒でありますが、AUD/JPYは9月4日~9月9日の98.60円辺りを頂点として10月2日の95円台割れまで落ちるという展開。

そんな中、腐りかけていたAUD/JPYの売り玉がなんだか美味しく食べれましたと、まあそんなような報告であります。

でも、米ドルを104円とか105円台あたりで売り建てて、半ば腐りかけている方もいるだろうなーと思われます。廃棄するか、異臭がしても放っておくかは個人の衛生観念次第かと。

数カ月スパンでしつこく持つと、もしかしたら美味しくいただける・・・・・・かもしれません。大抵は、余計腐るだけですが。

動画教材作るのに、テンション低くちゃ駄目ですか?

売買期間:2014年9月23日~9月24日
獲得利益:+16,770円 通貨ペア:AUD/JPY 運用口座:DMM.com証券

FX投資 収支報告

最近、エントリープラン編の投資理論を深堀りしたコンテンツをとある企業さんと共同開発しております。テキストをリライトして頂いたり、新しい計算ツールを作成してくれたりと、なんだか自分が何にもしないでも勝手にいろいろ出来あがっていく様は結構に楽しい感じであります。

で、当方の作業としては「実際のトレード風景を動画で撮ってくださいね」というものなのですが、とっても気合を入れないと動画を作ろうという気分にならない性質なようで、作業が遅々として進んでいない状況です。

動画、苦手だ。

というより、パソコンに向かってぼそぼそと一人喋ってるととっても虚しくなるのだが。「喋る」のと「書く」のって、ぜんぜん別の能力だよね。

ハイテンションで喋り倒すYouTuberの人たちってすげーよなと思う今日この頃。

ドル円急伸の裏で豪ドル/ドル暴落

売買期間:2014年9月3日~9月11日
獲得利益:+16,641円 通貨ペア:AUD/JPY 運用口座:DMM.com証券

FX投資 収支報告

AUD/JPYは97円から98円台の高値圏をウロウロしているものの、米ドルがここ1週間で107円台まで急伸したため、9月5日に0.94の高値をつけたAUD/USDは9月11日現在0.904まで急落。

高値圏のものを売り向かって踏み上げるか、下げ途中のものを買い向かって更なる下落に巻き込まれるか。

上がっているものを素直に変えないへそ曲がりとしては、何にもやることがなくてたいへんにストレスフルな局面でありますが。暇潰しにAUD/USDを買ってみました。

昨日一旦反転を見せたものの、下げ止まる気配もあまりない様子。ふむ、0.90を割れたらさらに落ちそうですねえ。

落ち続ける限り、きっと「買い」をチョイスすると思うけど。

ユーロ爆下げ、豪ドル7連騰

売買期間:2014年9月4日
獲得利益:+4,420円 通貨ペア:EUR/JPY 運用口座:DMM.com証券

FX投資 収支報告

豪ドルが97円を超え、こんな水準じゃ絶対買いたくねーとか思っていたら、いつの間にか98.50円まで噴き上がっておりました。今日で7連騰だか8連騰らしく、日々の値幅が大したことないのにしつこく下がらず、じりじり上げ続けるというよく分からない展開。

なーーんもやることなかったので、久方ぶりにユーロを売りまして。決済したらそこから更に1円幅近く落ちましたとさ。

それにしても、ユーロ売ってるのにスワップが付いてるって若干不思議な気分であります。

電子書籍の売り上げ動向と価格設定の妙

武器としてのFX5」を電子書籍で500円で販売し、「武器としてのFX1~4+動画解説付き」を12,800円を販売したところ、販売本数がほぼ同数という不思議な売れ行きになっております。

価格差的には電子書籍が25倍ぐらい売れてもいいはずなんですけどねー。

電子書籍はやっぱし売れないのか、はたまた動画コンテンツが思いのほか売れたのか。どちらなのかよく分からないですが、ひとまず「価格の心理学」ってこういうこと?

同じものでも売る場所や並べる箇所を間違えば売れないし、反対に、戦略的に販売できれば高く買ってもらうこともできる、というのが価格設定の妙味であろうかと思います。

以前「武器としてのFX投資」を出版した際に

500円は安すぎます。あまりに安いと逆に中身が無いんじゃね?と舐められるので、次回からはもっと値上げしたほうが良いと思います。

このような素晴らしい内容が500円の訳がありませんので。現実的なところとして3,000円ぐらいではないでしょうか。

というご意見を頂戴したことがありました。500円は安すぎるとのアドバイスはたいへんに嬉しく思いました。

ですが、99円本や100円本が大半の電子書籍のマーケットにおいては販売価格が500円でも割と高いという状況であり、情報商材にするには分量が少なめ、かつ体系立っていないという代物であるために、500円の値付けをしているという事情があります。

他方、周りのコンテンツが数万円という価格帯が多い情報商材のマーケットで販売する場合、500円という値付けは安過ぎてかえって信憑性を疑われる結果を招く可能性が少なからず存在します。

このように、中身は同一であってもマーケットによって販売価格は変わるのです。

電子書籍単品では大した儲けにはなりませんが、いろいろとパッケージングや価格帯を工夫すると案外面白いコンテンツ群を構築できたりします。言うなれば、枯れたコンテンツの水平展開であります。

プライシング(値付け)って何気に科学的だよね、と思う今日この頃。

武器としてのFX投資5 内容紹介

「武器としてのFX投資」シリーズ第五弾、登場です。

武器としてのFX投資5をダウンロードする

内容紹介

去る2013年10月25日。
運用資金20万円を元手に、月利10%を目標に掲げ運用実験をスタート。

あれから時は流れ、約10ヶ月後の2014年8月。
「例の運用実験のその後」について、取引通信簿の各種指標を用いつつ振り返ります。

目次

私に1万円ください、2年後に35兆円にしてお返ししますので
まずは生き残れ、話はそれからだ
2013年10月25日~2014年8月2日までの売場記録
ペイオフレシオが上がれば、勝率は下がる
プロフィットファクター2.0の衝撃
両建てトレードの評価に最大ドローダウンが使えない理由
参考リンク

Kindle端末をお持ちでない方も無料アプリをダウンロードすればお手元のスマホやタブレットで閲覧できます。KindleアプリはiPhone、Android、iPadでご利用いただけます。