損切り後に反発するジンクスを避ける方法

ここまでは【11】とした後の展開として更に下がる、つまり通常の損切りが有用だったという場面を想定してきましたが、今回は損切り実行後に反発するというケースを考えてみることにしましょう。

●参考:事前設定のレートで損切りした場合

100円で1枚買い ・・・ 01
98円で損切り ・・・ 00】 (-2万円の損失)

98円で損切り後に仮に102円になったとしましょう。両建てを介さない通常の売買であれば、100円よりも安く買い戻せなければ損切りタイミングとしては失敗の範疇に入ります。

98円で損切りを実行した後、100円付近で再度買い戻すという逆指値注文を指定しておけばポジション構成自体は復元するものの、結局のところ損切りするメリットはあまり無かったことになります。2万円の損失を確定しただけに過ぎません。

逆指値注文を指定せず、損切りによって手持ちポジションがすべて解消された後に102円となっていた場合、新規のエントリーとしてまず「買い」「売り」かの判断を委ねられます。要するに102 円で買うのか、売るのか。はたまた見送るのか・・・。

トレンドフォローを前提に102円で買い建てた場合

ルール1に従えばリミットは105円、ストップは100円と自動的に決まります。ここでストップに引っ掛かれば、二重の損切りとなり気分はあまりよろしくないこと請け負いです。

首尾よく105円になったとしても、以前に損切りした100円の買いポジションがあれば、詰まるところ損切りさえしていなければ5万円儲かったはずなのになあ、などと悔やむこともあるでしょう。

何もせず、ただ経過観察していた方が好結果に転ぶことが多いのは相場の常です。それこそ結果論ですが(※ただしルール1に厳密に従っていれば103円で利食いしているので利益は3万円となる)

一方、102円からの反転を見込んで売り建てた場合

同じくルール1によってリミットは99円、ストップは104円と決まります。ここでもストップのお世話になった場合、買いでエントリーして損切り、そして売りでエントリーして損切りという、まるで相場変動から個人攻撃を受けたかのような仕打ちに対して軽い憤りを感じること必至です。

常に市場の逆を張るコントラリアン(逆張り派)の宿命とはいえ、何度も続けて自らの売買判断が裏目に出れば順張り派への転向が頭をもたげても何ら不思議ではありません。

相場はメンタル面の要素を抜きに語ることはできない代物です。売買テクニックを学ぶことで日々の精神的ストレスを軽減できるのであれば、相乗効果によって運用成績も向上してくることでしょう。ここに売買テクニックを学ぶ価値があるのです。

102円で売りポジションも買いポジションも建てず、見送った場合

ここから103円、104円と推移していくのを為す術なく見守れば、98円で損切りしたことを心底後悔するはずです。人間心理は複雑に見えて案外単純にできているのか、損切りの実行タイミングが裏目に出たトレーダーの大半は損切りの必然性に疑義を感じ、だんだんと損切りを設定することを億劫がるようになります。

そして、損切りを設定していない時に限ってポジションと逆方向に振れて大損するといういつの世も変わらない悲惨な光景が幾度となく繰り返されるのです。

いずれにせよ損切りしてポジションをすべて解消した時点で売買の継続性が途切れることになり、再エントリーのタイミングを計る過程であれこれ悩むことになります。売るのか、買うのか、見送るのか、と。

しかしながら、両建てを前提にトレードしていた場合、102円でエントリーするならばほぼ自動的に「売り」と決まります。

●102円の時点で売り建てた場合のポジション推移

100円で1枚買い ・・・ 01
98円でツナギ売り ・・・ 11】 (-2万円の評価損
102円で1枚売り ・・・ 21

この【21】ポジションになった時点で、

ルール1:1枚あたりの最大利益額3万円最大損失額2万円

に従うと、102円の売りポジションは104円になった時点で損切り、あるいはツナギ買いの逆指値注文を指定しておくことになります。もしこの逆指値注文が執行されれば、【11】ポジション構築時に固定された2万円の評価損と合わせて4万円の損失となります。

104円というストップラインが決まったところで、100円の買い玉をそれより手前のレートで決済してみることにしましょう。この手順は先に考えてきた【1-2】ポジションの外し方とまったく同一の手順です。唯一異なるのは、手仕舞いするポジションが売り玉なのか、買い玉なのかという点だけです。

○買い玉を102円で決済後、99円になった場合(Goodシナリオ)

100円の買い玉を102.00 円で決済後、ルール1の利益3万円という条件から導かれる99円の段階で残された2枚の売りポジションを処理すると、トータル4万円の利益になります。

100円で1枚買い ・・・ 01
98円でツナギ売り ・・・ 11】 (-2万円の評価損
102円で1枚売り ・・・ 21
●まず買い玉を決済する
100円の買い玉を102円で決済 ・・・ 20】 (+2万円の利益確定)
残った2枚の売り玉を決済する
102円の売り玉を99円で決済 ・・・ 10】 (+3万円の利益確定)
98円の売り玉を99円で決済 ・・・ 00】 (-1万円の損失確定)
●トータル収支 +4万円


○買い玉を102円で決済後、104円になった場合(Badシナリオ)

他方、買い玉を外した後、ルール1の損失2万円という条件から導かれた104円のストップラインに抵触すれば、トータルで6万円の損失となります。

100円で1枚買い ・・・ 01
98円でツナギ売り ・・・ 11】 (-2万円の評価損
102円で1枚売り ・・・ 21
●まず買い玉を決済する
100円の買い玉を102円で決済 ・・・ 20】 (+2万円の利益確定)
残った2枚の売り玉を決済する
102円の売り玉を104円で決済 ・・・ 10】 (-2万円の損失確定)
98円の売り玉を104円で決済 ・・・ 00】 (-6万円の損失確定)
●トータル収支 -6万円

以降、買い玉を決済するレートを10銭ずつずらしていくと損益分布は下図のようになります。決済するレートは異なるものの、【1-2】ポジションの売り玉のみを外した場合の損益分布とまったく同一であることはお分かりいただけることと思います。

102円での売り玉の枚数を2枚、合計【31】ポジションとした場合の損益分布です。

同じく、売り玉の枚数を3枚、合計【41】ポジションとした場合

こういった具合で、損切りによってポジションをすべてクローズするのではなく、一旦【11】ポジションを構築した後に、買い玉ないし売り玉を積み増すことで以下のような恩恵を得ることが可能となります。

本章の冒頭で、損切りが有効に機能する前提として以下の3項目を挙げました。(※買いからエントリーした場合)

1)損切り執行価格よりも安く買い戻す
2)買い戻した後、再度の損切りには引っ掛からない
3)買い戻した価格を基点に利食い想定レートまで反転する

この3項目のうち、損切りではなく両建てを活用することで、

1)損切り執行価格よりも安く買い戻す

という前提条件の成立が不要となります。これにより、両建てが機能するための諸条件は3つではなく2つに絞り込まれることになります。

2) 買い戻した後、再度の損切りには引っ掛からない
3) 買い戻した価格を基点に利食い想定レートまで反転する

提示したルールが逆張りである以上、事前設定した損切りラインに引っ掛からないこと、および再エントリー後に利食い想定レートまで反転する事が必要となる点に相違はありませんが、利益となるためにクリアすべき条件が3工程ではなく、2工程になっただけでも精神的な負担はかなり軽減されることでしょう。

何よりも、損切りに取り組むのに厄介な点が、損切りした後にそれより安く買い戻さなければ意味を為さないという一点に尽きます。両建ての場合はこの難問をあらかじめクリアしているのです。

もちろん、その代償として通常の損切りに比べるとストップラインに引っ掛かった際に損失額が増加することになりますが、まったくリスクを負わずに評価損を解消する方法など残念ながら望むべくもありません。

事前にどこまでの損失なら引き受けられるのか。見込み通りに展開した際にどれだけの利益を得られるのか。いろいろと頭の中でシナリオを描きつつ、相応のリスクをとる。その点は損切りの場合もツナギ売りの場合も違いはありません。

両建てによってポジション構成が【11】(ないしその整数倍)になると評価損益が固定されること。これがすべての現象を司る中核概念であり、先の片外しによって損益分布を調整する売買例も両建ての使い方の応用例の一つにしか過ぎません。

この両建ての原理をさらに拡張すると便利な半自動売買ルールの構築に至る訳ですが、そこらへんの詳細は「勝率9割!損切り不要のFX投資術」でお話ししておりますのでご興味ある方はご覧ください

再エントリー枚数によって損益バランスを調整する

前回の日記で素直に損切りを実行した場合のリスク対リターンが+1万円/-4万円であるのに対して、ツナギ売りを加え、適当なタイミングで決済することにより+4万円/-6万円から最大+59,000円/-41,000円という賭けに変更できることについてあれこれ論考してまいりました。

この+4万円/-6万円~+59,000円/-41,000円という損益バランスは、下表にあるように96円の時点で1枚買った場合のものです。では、この買い玉の枚数が変わると損益バランスにどのような影響がでるのでしょうか?

○96円の時点で1枚買い玉を建てた場合のポジション推移

100円で1枚買い ・・・ 01
98円でツナギ売り ・・・ 11】 (-2万円の評価損
96円で1枚買い ・・・ 12

(※ポジション表記が分からない方はこちらの記事をご覧下さい

98円の売り玉を外すレートを96円から95.90円、95.80円という具合に10銭ずつ刻み、【02】とした場面からルール1に従って99円で利食い、94円で損切りという条件を継承した際の損益分布は以下のようになります。

○98円の売り玉の決済レートおよびリスク対リターン比

(1段目および4段目が売り玉を外すレート、2段目および5段目が99円になった際の利益額、3段目および6段目が94円になった際の損失額となっています)

95.50
+45,000円
-55,000円

たとえば右図を例に取ると、98円の売り玉を95.50円で決済した後、残された2枚の買い玉を99円にて決済した場合のトータルが+45,000円、同買い玉を94円で決済した場合のトータルが-55,000円という具合です。

ちなみに収支の内訳を分解すると以下のような感じになります。違いは売り玉の利益が+20,000円から+25,000円に拡大したという点のみ。要するに、決済タイミングをずらすことにより損益も上下動するという寸法。

99円になった場合 94円になった場合
96円の買い玉 +3万円 96円の買い玉 -2万円
100円の買い玉 -1万円 100 円の買い玉 -6万円
買い玉合計 +2万円 買い玉合計 -8万円
+) 売り玉の利益 +2.5万円 +) 売り玉の利益 +2.5万円
トータル +4.5万円 トータル -5.5万円

11】ポジションの構築後、96円で1枚買った場合の損益分布は上記のようなものでしたが、96円で買う枚数を2枚とした場合は、以下のような損益分布となります。

○96円の時点で2枚買い玉を建てた場合のポジション推移

100円で1枚買い ・・・ 01
98円でツナギ売り ・・・ 11】 (-2万円の評価損
96円で2枚買い ・・・ 13

両建てせず、100円の買い玉を98円で損切りし、96円で改めて2枚買いポジションを建てた場合、

・99円になれば合計4万円の利益(マイナス2万円+6万円)
・94円になれば合計6万円の損失(マイナス2万円-4万円)

という状況と比較すると、ツナギ売りを介して+7万円/-8万円~+89,000円/-61,000円というシナリオに変更したほうが、損益分布上は優位に思えます。

たとえば98円の売り玉を95円で決済するよう設定したら+80,000円/-70,000円というシナリオに変貌しますが、95円まで下がらずに、つまり売り玉が未決済のままで99円まで反発するというケースも稀に存在するかもしれません。

その場合は、単純に98円で損切りしたケースと損益分布が一致する、つまりトータルで+4万円になるだけですから何ら実害はありません。こういうのを嬉しい誤算と言います。

同じく、96円で3枚買った場合は下表のようになります。いい加減、飽きてきたことと思いますが、数値バランスが変わるだけです。

○96円の時点で3枚買い玉を建てた場合のポジション推移

100円で1枚買い ・・・ 01
98円でツナギ売り ・・・ 11】 (-2万円の評価損
96円で3枚買い ・・・ 14

ちなみに両建てせず100円の買い玉を98円で決済し、96円で3枚買いポジションを建てた場合、

・99円になれば合計7万円の利益(マイナス2万円+9万円)
・94円になれば合計8万円の損失(マイナス2万円-6万円)

という状況です。どちらの賭けに分があるかの判断は各人にお任せいたしますが、先にも書いたとおり売り玉の決済タイミングを少々きつめに設定して、結果約定しなかった場合にも実害は発生しませんし、余分に引き受ける損失額も1万円やそこらなのですから、やらないよりはやった方がリターンは膨れることでしょう。

このように損切りの代わりに両建てを1 ステップ加えることで、

+1万円/-4万円の賭けを+4万円/-6万円(新規の買い玉が1枚)
+4万円/-6万円の賭けを+7万円/-8万円(同2枚)
+7万円/-8万円の賭けを+10万円/-10万円(同3枚)

といった具合に、損益分布を自在に変更することが可能となります。売りポジションを外すという工程が1つ増えることで若干複雑にはなりますが、選択肢の一つとして覚えておくと結構役に立つ概念だと思います。

ちなみに、ここまでは【11】とした後の展開として更に下がる、つまり通常の損切りが有用だったという場面を想定してきましたが、反対に損切り実行後に反発するというケースを考えてみることにしましょう。ケース分類すると果てしなく複雑そうに思えますが実践してみると案外カンタンだったりしますよ。

あ、ここらで少し宣伝です。

この両建てによって損益バランスを変更できることの「理屈」は理解できたけれど、実際問題として、いちいち計算するの面倒じゃん。・・・とお考えの方も、相当数いらっしゃるかと推察します。いたってその通りだと思います。

なので、自動計算ツールを制作してみました。一般販売価格は35,000円と少々強気の価格設定ですが、このプログラムを組むのに本気で四苦八苦しましたので、まあ開発料だとでもお考え頂ければ幸いです。

で、朗報!

実はこの自動計算ツールは「ツナギ売り実践塾」会員様向けに裏でこっそり(?)特別価格15,000円で販売しております。

正直、このクソ長いブログ記事を最後まで読んでいただける方は滅多にいないだろうと思いますので、ささやかな感謝の気持ちとしてこのページからも特別に15,000円で購入できるご案内を差し上げます。計算面倒そうだなあ、と思った方はぜひご検討を!
 └【会員特別価格15,000円】で自動計算ツールを購入する

そうそう、製品詳細についてはこちらをご覧くださいね。
(※上記リンク先ページからの購入の場合、通常販売価格となりますのでご注意下さい)

ツナギ玉決済でリスク対リターンを変更する

前回の記事にて、素直に損切りした場合は+1万円/-4万円という賭けをツナギ売りによって+4万円/-6万円の賭けへと条件変更できることを提示しました。

状況を簡単におさらいしておくと、こんな感じです。

●事前設定のレートで損切りした場合

100円で1枚買い ・・・ 01
98円で損切り ・・・ 00】 (-2万円の損失)
96円で再エントリー ・・・ 01
シナリオ1 :99円 ・・・ トータル+1万円
シナリオ2 :94円 ・・・ トータル-4万円

○事前設定のレートでツナギ売りした場合

100円で1枚買い ・・・ 01
98円でツナギ売り ・・・ 11】 (-2万円の評価損
96円で1枚買い ・・・ 12

(※ポジション表記が分からない方はこちらの記事をご覧下さい

勝率が同じだとすれば、当たったら+1万円、外れたら-4万円という賭けと、当たったら+4万円、外れたら-6万円の賭け、どちらに賭けたいですか?という問いだったのですが、負けたときの損失額が利益額よりも大きいという点はどちらの選択肢にも共通する点です。

あえて賭けなければいけないなら後者に賭けるけれど、そもそも賭けなくていいのであれば正直どちらにも賭けたくないなあ、というのが大方の本音かと思います。・・・だって、負けたときの方がダメージ大きいですし。

せめて、リスクとリターンが同等ぐらいであれば賭けてもいいけどって思いませんか?具体的に言えば、+4万円/-6万円じゃあ賭けたくはないけれど、+5万円/-5万円だったら少し考えませんか?

実を言うと、そんな都合のいい方法があったりするんです。

結論を先に書きましょう。98円の売り玉を外すレートを意図的にずらすことで、リスク対リターンの比率も適宜変更されるのです。仮に95.90円で外した場合、99円になれば+41,000円/94円になれば-59,000円という賭けになります。以下の図は10銭刻みで売り玉の決済レートを変更したものです。

95円で売り玉を決済した場合、+5万円/-5万円という賭けに様変わりします。94.10円で外した場合は+59,000円/-41,000円という構成比になりますが、さすがに99円まで戻る前に94円でストップロスが発動するでしょうから、現実問題としては想定する必要はないかと思います。

96円で買い玉を建てた後の展開として、そのまま96円を基点にV字回復という状況は望むべくも無く、だいたいにおいて96円をいくらかは割り込むことが多いことでしょう。底値で買えるなどという前提は、楽観的にも程があるというものです。

95.50円で売り玉を外すのか、95 円で外すのか、はたまた94.50円で外すのかは各トレーダーのリスク許容度によって変わってくるはずですが、+1万円/-4万円の賭けを+4万円/-6万円(最大+59,000円/-41,000円)という条件に作り変えることが出来る点にツナギ売りの有用性があると考えられます。

通常の損切りに比べて最大2万円の損失を余分に引き受けることになることになりますが、リスクを負わない投資法など存在しません。95円で売り玉を外した場面を想定すれば、1万円の損失リスクを余分に引き受ける代わりに、99円になった場合利益収支は4万円増加することになります。

99円になった場合=通常+1万円→+5万円= 4万円利益増加
94円になった場合=通常-4万円→-5万円= 1万円損失増加

ツナギ売りをしようがしまいが、利益になるためには予想した好シナリオが実現する必要があります。今回の場合は94円になるよりも早く99円になる、という展開ですね。ツナギ売りをしたからといって、予測を常に誤っていいという訳ではありません。その点では通常の損切りと差異はありません。予測が外れれば、当然ですが損失額が拡大します。

ただし、ツナギ売りを上手に利用することによって、勝ったときに得られるリターンと負けたときに被るリスクの比率を意図的に変更する事ができるのです。この概念を知っているだけでも、何も考えずに損切りするぐらいなら、とりあえずつないで評価損だけ確定しておけばいいや、と結構気楽に構える余裕が生まれます。後で、売り玉なり買い玉なりを決済して、また再チャレンジすればいいだけですから。

この違いは案外デカいですよ。

さて、今回の日記では、ツナギ玉(98円の売り玉)を決済するタイミングによって、損益バランスを変更するという点について論じてきましたが、実はまだ損益バランスを変更する方法論は存在します。・・・まだあるのかよっ、て感じですが、まだあるんです。

○事前設定のレートでツナギ売りした場合

100円で1枚買い ・・・ 01
98円でツナギ売り ・・・ 11】 (-2万円の評価損
96円で1枚買い ・・・ 12

上表を改めて眺めてみると、、まだ意図的にいじれる部分がありますよね?

そう、96円で1枚買いという最終工程です。これ、1枚買いじゃなくて、2枚だったり、3枚だったら損益バランスはどう変わるのでしょうか?

更に言えば、枚数同じであっても、買いじゃなくて売りだったら何か違いがあるんですか?

いやあ、考えるべきポイントは尽きませんねえ。両建てって考え出すとめちゃめちゃ奥が深いんです。論文書けるかもなあ、このテーマで。トレードそのものよりもこういうロジックを考えているときの方が楽しかったりします。個人的には

損切りよりも両建ての方が有利な理由

前回のブログ記事にて、「損切り」が効果的に機能するための三原則について触れました。この三原則を満たさない損切りはすべからく失敗の範疇にカテゴリーされることでしょう。

では、この三原則を踏まえた上で、ツナギ売り(両建て)をどのように利用すると、損切りよりも有効に作用するかについて考えていきたいと思います。

○事前設定のレートでツナギ売りした場合

100円で1枚買い・・・【01
98円でツナギ売り・・・【11】(-2万円の評価損
96円で1枚買いー・・・【12

(※ポジション表記が分からない方はこちらの記事をご覧下さい

96円で買いポジションを建てた際、ルール1に従って99円で利食い、94円で損切りという条件を継承することにしましょう。これで損切りした場合と、まったく同じ条件が整いました。

ルール1:1枚あたりの最大利益額3万円最大損失額2万円

利食いおよび損切りをして【11】とするか、もしくは新規売りにして【22】にするかは好みの問題なので、どちらを選んでいただいても構いません。

また、98円で売りつなぎ【11】となった段階で、イフダン-OCO注文にて96円で新規買い、99円で決済売り(or 新規売り)と94円で決済売り(or 新規売り)という設定をしておけば、売買工程を自動化できます。

99円になるのが理想で、94円になったらご免なさいという展開に違いはありません。そして、ここから一工夫。98円の売り玉を仮に96円で決済してみることとしましょう。これで2万円の利益が確定され、2枚の買い玉が残されることになります。もちろん、ポジションは【02】ですよね。

96円の買いポジションと同様、100円の買いポジションも99円で利食いおよび94円で損切りというOCO注文を適用すれば、

99円になった場合 94円になった場合
96円の買い玉 +3万円 96円の買い玉 -2万円
100円の買い玉 -1万円 100 円の買い玉 -6万円
買い玉合計 +2万円 買い玉合計 -8万円
+) 売り玉の利益 +2万円 +) 売り玉の利益 +2万円
トータル +4万円 トータル -6万円

上図のように99円になった場合はトータルの利益は+4万円になり、94円になった場合は-6万円となります。ちなみに、ツナギ売りではなく損切りしたケースでは前者が+1万円、後者が-4万円という按配でした。

●参考:事前設定のレートで損切りした場合

100円で1枚買い ・・・ 01
98円で損切り ・・・ 00】 (-2万円の損失)
96円で再エントリー ・・・ 01
シナリオ1 :99円 ・・・ トータル+1万円
シナリオ2 :94円 ・・・ トータル-4万円

99円になるか、はたまた94円になるかという基本路線は変わらないため、勝率自体は変わりません。勝率自体に差が無いとすれば、当たりの目が出たときの報酬が4万円、外れたときは6万円の罰金という賭けと、当たると1万円の報酬に対して外れると4万円の罰金という賭け、どちらに賭けたいと思うでしょうか?

まあ、普通の感覚であれば+4万円/-6万円の賭けの方を選択するかと思います。

+1万円/-4万円の賭けを+4万円/-6万円の賭けに変えるのに必要な操作は、98円の時点で「損切り」するのではなく「新規売り」に変更し、再エントリー価格とした96円の時点で同売りポジションを決済するというたった2つの手順を加えるだけです。

ここまで考えてきた内容だけでも、大半の方には「損切り」よりも「両建て」の方が有利だとお考えいただけることとは思いますが、実は更にもう一工夫することで、+4万円/-6万円というリスク対リワードの比率を意図的にずらすことが出切るようになるのです。

次回のブログにて、その種明かしをしたいと思います。とりあえず、この原理を理解するだけで損切り貧乏を未然に回避できるようになる効用が期待できるでしょう。

損切りが効力を発揮するための3つの大前提

まずは、前回の記事の収支計算をしてみることにしましょう。

○まったく損切りしなかった場合

100円で1枚買い・・・【01
 ├シナリオ1 :99円・・・評価損-1万円
 └シナリオ2 :94円・・・評価損-6万円

●事前設定のレートで損切りした場合

100円で1枚買い・・・【01
98円で損切り・・・【00】(-2万円の損失)
96円で再エントリー・・・【01
 ├シナリオ1 :99円・・・トータル+1万円(-2万円+3万円)
 └シナリオ2 :94円・・・トータル-4万円(-2万円-2万円)

(※ポジション表記が分からない方はこちらの記事をご覧下さい

一切損切りしない場合に比べて、収支のバランス上損切りした方が都合がよいことは分かりますが、損切りが効力を発揮する前提として3 つのステップを経なければいけない点は一考に値します。即ち、

1) 損切り執行価格よりも安く買い戻す
2) 買い戻した後、再度の損切りには引っ掛からない
3) 買い戻した価格を基点に利食い想定レートまで反転する

という条件が厳然と存在するのです。損切り後、見込みより下がらず当初の建て値付近で買い戻すこととなれば条件1)を満たすことにならず、首尾よく1)の条件を満たしたとしても、再エントリー時にロスカットに引っ掛からないという保証はどこにもありません。

たとえ2)の条件をクリアしても3)の条件である利食い想定レートまでの反転が必要となることを考えると、改めて損切りの工程には多様な難しさが潜んでいることが実感できることでしょう。かといってまったく損切りを設定しない場合は無制限の損失を引き受けることになり、突発的な大変動があれば投資資金の大半を失うことになります。

結局のところ損切りには一長一短があり、設定に躊躇する場面も多々あることは想像に難くありませんん。しかしツナギ売りを上手に利用すると、前述の論争に一定の決着をつけることが可能となります。

対応策は実に簡単!

98円で損切りするのではなく、新規売りに変更するだけで構いません。これでポジションは【00】ではなく【11】となり、2万円の損失は評価損となります。

そして、損切りした手順と同様、96円で新規買いを実行することにしましょう。結果、ポジションは【12】となります。

さて、98円での売買操作が決済売りか新規売りかというささやかな違いが、その後どのような違いをもたらすのでしょうか。96円で1 枚買い増した段階では、損切りした場合と比べて2万円の損失は「実現損」なのか「評価損」なのかという差異はあるものの、ほとんど大差ないようにも思えます。

ですが、たった1 枚の売り玉が存在するために、以降のシナリオがまったく別の色彩を帯びることになりるのです。

無駄な損切りを避ける方法

損切りに比べてツナギ売りは具体的にどのようなメリットがあるのか。この点に対する回答として以下のような場面を想定することにしてみましょう。

ルール1:1枚あたりの最大利益額3万円最大損失額2万円

100円で1枚買いからエントリーしたと仮定します。ポジションは【01】です。簡便化のためスワップ金利やスプレッドは考慮しないものとします。(※ポジション表記が分からない方はこちらの記事をご覧下さい

ルール1に従えば指値条件はそれぞれ103円で利食い、および98円で損切りとなります。98円で損切りラインを設定したということは、以降の前提として98円よりも低いレートで買い戻すという展開を想定していることは言うまでもありません。

裏を返せば、98円で損切りが実行された後に反転し、102円、103円と推移する展開となれば結果的に「無用な損切り」であったと言わざるを得ません。

かといって、損切りラインを設定していない状況で96円、95円と続落していくという展開も十分に考えられるため、損切りという行為が内包する一筋縄ではいかない難しさは常に頭を悩ます問題となる訳です。

とりあえず、今回のケースでは100円で買いからエントリーし、98円でロスカットが執行。(2万円の損失

その後、ロスカット価格である98円よりも安く買い戻すという状況を考えてみることにしましょう。

仮に再エントリー価格を96円とすると、ルール1に従って指値条件は99円で利食い、94円で損切りと計算されます。99円で利食いできた場合、3万円の利益となります。先の損切りによる損失2万円と合算するとトータルで+1万円という収支になります。

一方、96円で再エントリー後、94円で損切りが執行された場合、更に2万円の損失となりトータルで-4万円という収支になります。

96円で買い戻した段階では、その後99円に戻るのか、はたまた94円へと続落するかを正確に知る術はありませんが、値幅を考えると99円に回復する前に94円になるほうが確率的に高そうな予感がしますし、なおかつ+1万円のベネフィットに対して-4万円のリスクを背負うのは少々分の悪い賭けのようにも感じます。

もちろん、98円の時点でまったく損切りせず100円の買いポジションをそのまま保有継続した場合、99円の時点でも-1万円、94円では-6万円となっている点に比べれば十分に損切りの意味があると言えるでしょう。

損切りラインが設定されていないため94 円より更に円高になれば損失は6万円では止まりません。自動ロスカット水準まで損失が拡大するリスクが常に付きまとう綱渡り的トレードと言えます。

ここまでの結論。

損切りラインを設定しない場合は損失額が無制限に拡大するリスクを背負い込むこととなるため、損失額を限定すべきであることは理論上必要不可欠であることは理解できることと思います。ただし、損切りした後により有利なレートで再エントリーできなければ、結果的に無駄な損切りとなる場合が往々にして考えられることでしょう。

この必要性と無駄のせめぎ合いこそが損切りのパラドクスであり、難しさの遠因です。では、このジレンマをきれいさっぱりと解消する売買アイディアは存在しないのでしょうか?

・・・実は、あるんですよね。「損失額を限定しつつ、無駄な損切りを避ける方法」が。

両建てポジションの表記方法について

今回はポジションの構築に役立つ豆知識をご紹介します。投資には、二つのポジションがあるのはほとんどの方はご存知だと思います。一つは、買い持ちポジション買い玉と言ったり、買いポジション、もしくはロングなどとも呼びますが、全て同じ意味です)。

もう一つが売りポジション(同じように、売り玉ショートなどと表現しますね)です。株式投資などの場合、売りポジションとは空売り(信用売り)のことですね。で、売りと買いのバランスがどうなっているのかを簡単に表わせる表記方法があるんですよ。それが、これ。

売り玉の枚数 - 買い玉の枚数

売買対象とする通貨はなんでも構いませんが、仮にドル円を例に考えてみることにしましょう。1万通貨単位で売買する方の場合、3万通貨の売買であれば3枚、10万通貨であれば10枚といった具合に、取引する最小単位を1枚と規定します。

1000通貨単位で売買している方であれば、3万通貨の売買は30枚、10万通貨は100枚となります。ご自身が売買している最小ロット数を基準に適宜読み換えて考えてみてください。当ブログでは、1万通貨=1枚と表現することにいたします。

では、ドル円を5万通貨買い持ちしている状況を想定してみることにしましょう。買いポジションが5枚ということですよね。なので、これをさっきの表で表わすと、

0 - 5

となりますよね。では次に2万通貨利益確定のために手仕舞いしたとしましょう。すると、ポジションはどう変化するでしょうか?もちろん、買い玉が2枚減るので、

0 - 3

となります。ここまでは簡単ですよね。では新規に3枚ドル円をショートしたとしましょう。この操作によってポジションはどのように変化したでしょうか?分かりますよね。

3 - 3

もし上記の操作が3枚空売りではなく、手仕舞い売りだった場合はポジションは【0-0】になります。そう考えると、手仕舞い操作の場合は買い持ちポジションは消滅しますが、新規に空売りをした場合は買い持ちポジションはそのままだ、という違いがあるのが分かると思います。

このように買い玉を持ったまま新規に売る操作を広い意味で「ツナギ売り」と呼びます。もちろん原理的には「ツナギ買い」もあり得ます。ではなぜこのような一見めんどくさそうな売買をするのでしょうか?

それは、ツナギ売りには単純な買い持ちポジションのみでは決して得られないいくつかのメリットがあるからなのです。もしあなたが損切り貧乏気味のトレードが多いようでしたら、両建てポジションを駆使することによりその問題を解決できるようになります。

評価損をいかにして解消するか

前回、売り・買い同枚数にした時点で評価損益は固定される、という【1-1】ポジションの特殊性について解説いたしました。

今回は、固定された評価損を少なくする方法。あるいは、保存された利益を拡大する手順について解説いたします。

■前回のポジションの内訳

・85円買い×1枚
・84円売り×1枚

という10,000円の評価損で固定された状態でした。

次なるステップとして考えるべきは、いかにこの評価損を解消するかという一点に集約されます。

実は、行う手順自体はすごくシンプルだったりします。

どちらか片方の建て玉を決済し、【1-1】状態を崩す。ただそれだけで、損益の固定状態が解除されます。

■ケース1.80円になった時点で売り玉を決済

・85円買い×1枚→50,000円の評価損
・84円売り×1枚を決済→40,000円の確定益

【1-1】ポジション解体後は、損益は残された85円の買い玉の動向次第となります。

・残りポジション:85円買い×1枚

確定利益 評価レート 評価損益 差引利益
40,000円 80円 -50,000円 -10,000円
81円 -40,000円 ±0円
82円 -30,000円 +10,000円
83円 -20,000円 +20,000円
84円 -10,000円 +30,000円

上表を見ると、決済レートである80円を基点に差引利益が変動しているのがお分かりになるかと思います。

-10,000円の状態からスタートして、81円になればトータルの損益は±0円、84円になれば+30,000円と言った具合です。

実際に手元にあるのは85円の買い玉ですが、損益の振る舞いだけを考えると、仮想的には80円の買い玉があると考えても差し支えありません。

・仮想の80円の買い玉を想定した場合
(※スタート時に固定した損失額:-10,000円)

スタート時 評価レート 評価損益 差引利益
-10,000円 80円 ±0円 -10,000円
81円 +10,000円 ±0円
82円 +20,000円 +10,000円
83円 +30,000円 +20,000円
84円 +40,000円 +30,000円

この一例から、【1-1】ポジションを解体した時点から損益が発生する、という普遍の原理を導くことができます。

ここまでの結論。

・【1-1】ポジションを構築すると、その時点で損益が固定される
・【1-1】ポジションを解体すると、その時点から損益が発生する

さて、この原理をひとたび理解するとトレードの幅が異常に広がります。結果的に、損切りは一切不要となります。

なぜなら、損切りするよりもツナギ売りした方が確実に資金効率が良いから。

ツナギ売りの利用方法はほぼ無数に考えられますが、まずは損切りよりも確実に有利だという点を証明したいと思います。

両建てが損切りの代わりになる理由

なぜ両建てをするのか。

よく挙げられる理由としては、損切りの代わりになるからというのが一般的な回答かと思います。

では、具体的に考えてみましょう。

仮に1ドル=85円のタイミングで米ドルを1枚(1万通貨)買い建てたとしよう。ポジション構成は、

売り玉の枚数 - 買い玉の枚数

という表記に従うと、

0 - 1

となります。ポジション表記が分からない方は、『ツナギ売りの具体的なやり方』を参照ください。

仮に、損切り条件を1円幅の逆行とします。

通常の損切りの場合は、1ドル=84円を下回った時点で損切りとなり、ポジションは手元に何も残りません。

一方、84円でツナギ売りをした場合、ポジションは

1 - 1

となります。ポジションの内訳は、

・85円買い×1枚
・84円売り×1枚

となっています。この両建てポジションが損切りの代わりになるという理由は、

■ケース1.その後、80円になった場合

・85円買い×1枚→50,000円の評価損
・84円売り×1枚→40,000円の評価益・・・差引-10,000円

■ケース2.その後、90円になった場合

・85円買い×1枚→50,000円の評価益
・84円売り×1枚→60,000円の評価損・・・差引-10,000円

■ケース3.その後、80.5円になった場合

・85円買い×1枚→5,000円の評価損
・84円売り×1枚→5,000円の評価損・・・差引-10,000円

上記のような具合に、売り・買い同枚数にした時点で、その後のレートがいくらになろうと、評価損益は固定されるという性質があります。

これが、【1-1】ポジションの特殊性です。両建ては損切りの代替となると称される所以ですね。

【1-1】ポジションに逃げ込んだ時点で、評価益を保存することができます。また、評価損が発生していた場合は、その時点で出血を止めることができます。

・・・でも、それって損切りと何が違うわけ?という質問が聞こえてきそうです。ここまでなら、損切りと両建てとの機能自体に差異は無いように見えますが、実はここから先の展開が両建ての優位性を際立たせるのです。

FX業者が両建てを推奨しない理由

よく質問されます。

「両建てって何のためにするんですか?」と。

言外には、正直意味ないですよねという含みを持ちつつ。まあ、その質問の意図は分からないでもありません。

何せ、胴元であるFX業者自体が両建てについて理解を示していないのですから、そりゃあ両建ての意義が分からなくて当然です。

以下は「両建てはできるか」という問いに対するFX業者の回答例。

両建てはできますか? 【某FX業者から引用】

できます。

ただし、以下に挙げるような経済合理性を欠くなどデメリットもございますので、当社といたしましてはお勧めいたしません。

(1)BidとAskに差があるため、お客様の負担するスプレッドコストが二重にかかること
(2)スワップポイントに売りと買いで差があるため、差し引きするとマイナスとなってお客様のコストとなること
(3)電話取引の場合、手数料相当金額が二重にかかること

一見正論ぽく見えますが。ここで提示されているのは、あくまで両建てのデメリットだけです。

両建てのメリットについては何ら言及されておりません。

しかしながら、デメリットを上回る効能さえあるならば、両建てしたっていいハズです。デメリットだけ論じったって、メリットも併記されなければ他の選択肢との相違を比較検討できない訳ですよ。

・・・でしょう?

だから、真に語られる必要があるべき要素は、両建てをすると具体的にどんなメリットがあるのさ?という、まさにその一点。

・・・のはずなんだけど、両建てのメリットを語れる人ってあんまりいないんですよね。何せ、両建ての使い方次第であらゆるケースが出来するから。

要するに考え得るパターンがやたら多くて、意味もなく複雑な訳だ。両建てスキームは。

そんな訳で、両建てを偏愛する一投資家の立場として、FX業者が絶対に提案しないであろう両建ての使い方なんぞをご紹介したいと思います。結論はまた次回にでも。