ツナギ売りの具体的なやり方

具体的に、「ツナギ売り」ってどうやればいいのか?

たとえば、ドル円を1万通貨(=1枚)買い建てたとしましょう。この場合、ポジション表記は

売り玉の枚数 - 買い玉の枚数

という具合に表記すると、

0 - 1

となります。さて、ここで普通に損切りした場合、手持ちの買い玉が無くなるので

0 - 0

となりますよね。

では、「ツナギ売り」の場合だとどうなるのか?こうなります。

1 - 1

要するに、買い玉を建てた後、そのポジションを損切りせずに保有継続したまま、新たに売りポジションを建てること。それがツナギ売りの具体的なやり方です。

売買操作的には、決済売りをするか、新規売りをするかの違いしかありません。複雑なことはなーんにもありません。・・・よね?

ちなみに、この【1-1】ポジションですが、売り玉と買い玉両方が同時に存在している状態のため、両建てとも呼ばれます。

なんでこんな事するワケ?よくわかんねーよって思いますよね。

その意見は正しいです。だって、FX業者ですら両建ての意義を理解していませんから。

両建て戦略に関して、基本的にFX業者は非常に懐疑的です。「両建ては経済合理性を欠く」とのもっともらしい理由でデメリットばかりを強調します。真に問うべきなのは、メリットの方なんですけどね。

補足:ポジション表記について

今回はポジションの構築に役立つ豆知識をご紹介します。投資には二つのポジションがあるのはほとんどの方はご存知だと思います。

一つは買いポジション買い玉と言ったり、ロングなどとも呼びますが、全て同じ意味です)。

もう一つが売りポジション(同じように、売り玉ショートなどと表現します)。株式投資などの場合、売りポジションとは空売り(信用売り)のことですね。

で、売りと買いのバランスがどうなっているのかを簡単に表わせる表記方法があるんですよ。それが、これ。

売り玉の枚数 - 買い玉の枚数

売買対象とする通貨はなんでも構いませんが、仮にドル円を例に考えてみることにしましょう。1万通貨単位で売買する方の場合、3万通貨の売買であれば3枚、10万通貨であれば10枚といった具合に、取引する最小単位を1枚と規定します。

1000通貨単位で売買している方であれば、3万通貨の売買は30枚、10万通貨は100枚となります。ご自身が売買している最小ロット数を基準に適宜読み換えて考えてみてくださいね。当ブログでは、1万通貨=1枚と表現することにいたします。

ポジション表記の詳細についてはこちらをご覧ください。

Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP)で出版してみました
■武器としてのFX投資
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■本書の一部を試し読み頂けます
会社で干されたらFX投資を始めよう
なぜ日本人は投資ベタなのか
なぜ日本人は投資ベタなのか(2)
損が続いた時はどうすればいいのか
FX投資は退屈ぐらいがちょうどいい

■武器としてのFX投資2
Amazonで購入する
内容紹介
続編登場の経緯
PDF版で読む

■武器としてのFX投資3
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資4
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資5
Amazonで購入する
内容紹介

■カスタマーレビュー
★★★★★あー、意外とこんな緩めの売買で良いんだなー
★★★★☆:両建ては、やっていてとても楽しいです
★★☆☆☆:あまりにFXトレードを軽視及び偏視し過ぎている
☆☆☆☆:FXでのツナギ売買は無駄では?