両建てが損切りの代わりになる理由

なぜ両建てをするのか。

よく挙げられる理由としては、損切りの代わりになるからというのが一般的な回答かと思います。

では、具体的に考えてみましょう。

仮に1ドル=85円のタイミングで米ドルを1枚(1万通貨)買い建てたとしよう。ポジション構成は、

売り玉の枚数 - 買い玉の枚数

という表記に従うと、

0 - 1

となります。ポジション表記が分からない方は、『ツナギ売りの具体的なやり方』を参照ください。

仮に、損切り条件を1円幅の逆行とします。

通常の損切りの場合は、1ドル=84円を下回った時点で損切りとなり、ポジションは手元に何も残りません。

一方、84円でツナギ売りをした場合、ポジションは

1 - 1

となります。ポジションの内訳は、

・85円買い×1枚
・84円売り×1枚

となっています。この両建てポジションが損切りの代わりになるという理由は、

■ケース1.その後、80円になった場合

・85円買い×1枚→50,000円の評価損
・84円売り×1枚→40,000円の評価益・・・差引-10,000円

■ケース2.その後、90円になった場合

・85円買い×1枚→50,000円の評価益
・84円売り×1枚→60,000円の評価損・・・差引-10,000円

■ケース3.その後、80.5円になった場合

・85円買い×1枚→5,000円の評価損
・84円売り×1枚→5,000円の評価損・・・差引-10,000円

上記のような具合に、売り・買い同枚数にした時点で、その後のレートがいくらになろうと、評価損益は固定されるという性質があります。

これが、【1-1】ポジションの特殊性です。両建ては損切りの代替となると称される所以ですね。

【1-1】ポジションに逃げ込んだ時点で、評価益を保存することができます。また、評価損が発生していた場合は、その時点で出血を止めることができます。

・・・でも、それって損切りと何が違うわけ?という質問が聞こえてきそうです。ここまでなら、損切りと両建てとの機能自体に差異は無いように見えますが、実はここから先の展開が両建ての優位性を際立たせるのです。

Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP)で出版してみました
■武器としてのFX投資
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■本書の一部を試し読み頂けます
会社で干されたらFX投資を始めよう
なぜ日本人は投資ベタなのか
なぜ日本人は投資ベタなのか(2)
損が続いた時はどうすればいいのか
FX投資は退屈ぐらいがちょうどいい

■武器としてのFX投資2
Amazonで購入する
内容紹介
続編登場の経緯
PDF版で読む

■武器としてのFX投資3
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資4
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資5
Amazonで購入する
内容紹介

■カスタマーレビュー
★★★★★あー、意外とこんな緩めの売買で良いんだなー
★★★★☆:両建ては、やっていてとても楽しいです
★★☆☆☆:あまりにFXトレードを軽視及び偏視し過ぎている
☆☆☆☆:FXでのツナギ売買は無駄では?