評価損をいかにして解消するか

前回、売り・買い同枚数にした時点で評価損益は固定される、という【1-1】ポジションの特殊性について解説いたしました。

今回は、固定された評価損を少なくする方法。あるいは、保存された利益を拡大する手順について解説いたします。

■前回のポジションの内訳

・85円買い×1枚
・84円売り×1枚

という10,000円の評価損で固定された状態でした。

次なるステップとして考えるべきは、いかにこの評価損を解消するかという一点に集約されます。

実は、行う手順自体はすごくシンプルだったりします。

どちらか片方の建て玉を決済し、【1-1】状態を崩す。ただそれだけで、損益の固定状態が解除されます。

■ケース1.80円になった時点で売り玉を決済

・85円買い×1枚→50,000円の評価損
・84円売り×1枚を決済→40,000円の確定益

【1-1】ポジション解体後は、損益は残された85円の買い玉の動向次第となります。

・残りポジション:85円買い×1枚

確定利益 評価レート 評価損益 差引利益
40,000円 80円 -50,000円 -10,000円
81円 -40,000円 ±0円
82円 -30,000円 +10,000円
83円 -20,000円 +20,000円
84円 -10,000円 +30,000円

上表を見ると、決済レートである80円を基点に差引利益が変動しているのがお分かりになるかと思います。

-10,000円の状態からスタートして、81円になればトータルの損益は±0円、84円になれば+30,000円と言った具合です。

実際に手元にあるのは85円の買い玉ですが、損益の振る舞いだけを考えると、仮想的には80円の買い玉があると考えても差し支えありません。

・仮想の80円の買い玉を想定した場合
(※スタート時に固定した損失額:-10,000円)

スタート時 評価レート 評価損益 差引利益
-10,000円 80円 ±0円 -10,000円
81円 +10,000円 ±0円
82円 +20,000円 +10,000円
83円 +30,000円 +20,000円
84円 +40,000円 +30,000円

この一例から、【1-1】ポジションを解体した時点から損益が発生する、という普遍の原理を導くことができます。

ここまでの結論。

・【1-1】ポジションを構築すると、その時点で損益が固定される
・【1-1】ポジションを解体すると、その時点から損益が発生する

さて、この原理をひとたび理解するとトレードの幅が異常に広がります。結果的に、損切りは一切不要となります。

なぜなら、損切りするよりもツナギ売りした方が確実に資金効率が良いから。

ツナギ売りの利用方法はほぼ無数に考えられますが、まずは損切りよりも確実に有利だという点を証明したいと思います。

Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP)で出版してみました
■武器としてのFX投資
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■本書の一部を試し読み頂けます
会社で干されたらFX投資を始めよう
なぜ日本人は投資ベタなのか
なぜ日本人は投資ベタなのか(2)
損が続いた時はどうすればいいのか
FX投資は退屈ぐらいがちょうどいい

■武器としてのFX投資2
Amazonで購入する
内容紹介
続編登場の経緯
PDF版で読む

■武器としてのFX投資3
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資4
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資5
Amazonで購入する
内容紹介

■カスタマーレビュー
★★★★★あー、意外とこんな緩めの売買で良いんだなー
★★★★☆:両建ては、やっていてとても楽しいです
★★☆☆☆:あまりにFXトレードを軽視及び偏視し過ぎている
☆☆☆☆:FXでのツナギ売買は無駄では?