無駄な損切りを避ける方法

損切りに比べてツナギ売りは具体的にどのようなメリットがあるのか。この点に対する回答として以下のような場面を想定することにしてみましょう。

ルール1:1枚あたりの最大利益額3万円最大損失額2万円

100円で1枚買いからエントリーしたと仮定します。ポジションは【01】です。簡便化のためスワップ金利やスプレッドは考慮しないものとします。(※ポジション表記が分からない方はこちらの記事をご覧下さい

ルール1に従えば指値条件はそれぞれ103円で利食い、および98円で損切りとなります。98円で損切りラインを設定したということは、以降の前提として98円よりも低いレートで買い戻すという展開を想定していることは言うまでもありません。

裏を返せば、98円で損切りが実行された後に反転し、102円、103円と推移する展開となれば結果的に「無用な損切り」であったと言わざるを得ません。

かといって、損切りラインを設定していない状況で96円、95円と続落していくという展開も十分に考えられるため、損切りという行為が内包する一筋縄ではいかない難しさは常に頭を悩ます問題となる訳です。

とりあえず、今回のケースでは100円で買いからエントリーし、98円でロスカットが執行。(2万円の損失

その後、ロスカット価格である98円よりも安く買い戻すという状況を考えてみることにしましょう。

仮に再エントリー価格を96円とすると、ルール1に従って指値条件は99円で利食い、94円で損切りと計算されます。99円で利食いできた場合、3万円の利益となります。先の損切りによる損失2万円と合算するとトータルで+1万円という収支になります。

一方、96円で再エントリー後、94円で損切りが執行された場合、更に2万円の損失となりトータルで-4万円という収支になります。

96円で買い戻した段階では、その後99円に戻るのか、はたまた94円へと続落するかを正確に知る術はありませんが、値幅を考えると99円に回復する前に94円になるほうが確率的に高そうな予感がしますし、なおかつ+1万円のベネフィットに対して-4万円のリスクを背負うのは少々分の悪い賭けのようにも感じます。

もちろん、98円の時点でまったく損切りせず100円の買いポジションをそのまま保有継続した場合、99円の時点でも-1万円、94円では-6万円となっている点に比べれば十分に損切りの意味があると言えるでしょう。

損切りラインが設定されていないため94 円より更に円高になれば損失は6万円では止まりません。自動ロスカット水準まで損失が拡大するリスクが常に付きまとう綱渡り的トレードと言えます。

ここまでの結論。

損切りラインを設定しない場合は損失額が無制限に拡大するリスクを背負い込むこととなるため、損失額を限定すべきであることは理論上必要不可欠であることは理解できることと思います。ただし、損切りした後により有利なレートで再エントリーできなければ、結果的に無駄な損切りとなる場合が往々にして考えられることでしょう。

この必要性と無駄のせめぎ合いこそが損切りのパラドクスであり、難しさの遠因です。では、このジレンマをきれいさっぱりと解消する売買アイディアは存在しないのでしょうか?

・・・実は、あるんですよね。「損失額を限定しつつ、無駄な損切りを避ける方法」が。

Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP)で出版してみました
■武器としてのFX投資
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■本書の一部を試し読み頂けます
会社で干されたらFX投資を始めよう
なぜ日本人は投資ベタなのか
なぜ日本人は投資ベタなのか(2)
損が続いた時はどうすればいいのか
FX投資は退屈ぐらいがちょうどいい

■武器としてのFX投資2
Amazonで購入する
内容紹介
続編登場の経緯
PDF版で読む

■武器としてのFX投資3
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資4
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資5
Amazonで購入する
内容紹介

■カスタマーレビュー
★★★★★あー、意外とこんな緩めの売買で良いんだなー
★★★★☆:両建ては、やっていてとても楽しいです
★★☆☆☆:あまりにFXトレードを軽視及び偏視し過ぎている
☆☆☆☆:FXでのツナギ売買は無駄では?