壁外調査に赴いて、巨人に喰われた気分

売買期間:2014年1月21日~1月23日
獲得利益:+29,045円 通貨ペア:AUD/JPYAUD/USD 運用口座:DMM.com証券

FX投資 収支報告

AUD/JPYの買い玉を1月21日に92円台半ばで利食いして、同じく92円台半ばから売り建てたポジを92円近くで決済したら・・・。

24日の本日、88.50円まで落ちるというもはや意味不明な展開。2014年1月1日の高値94.15円から、高低差6.7円という次第であります。

FX投資 収支報告

2013年の月別の変動幅を眺めると、11月、12月などは高値と安値の差が2円ないし3円幅程度と単純極まりないボックス圏でありましたが、先日23日と本日24日だけで豪ドルは4円以上落ちております。

まあ、でも過去を振り返ると2013年9月も安値87.75円、高値94.45円で高低差6.7円ございまして、翌10月には一時95.69円まで値を戻しております。

そんな訳で、久方ぶりの逆張り派の季節到来という状況ではありますが、どこで下げ止まるかは正直よく分かりません。ので、ここから買い下がる場合は、あと10円ぐらいは落ちても平気な程度の余裕をもってポジション枚数を調整していくのがよろしいかと思われます。

個人的には、売り玉喰うのが早過ぎた点に若干の後悔を覚えつつ、壁外調査に赴いて、無残にも巨人に喰われた調査兵団の気分であります。

そりゃないぜ、神様的な?

ま、豪ドルの買いポジをちまちまと増やしていくには、だいぶお手頃な価格にはなりましたねえ。もちろん80円割れとかそういう時代からすると88円、89円の今でも十分に高値ではありますが。

あー、そう言えば。

「あー、意外とこんな緩めの売買で良いんだなー。大切なのは、損失額を固定することなんだなー。あとは資金管理もしっかりすれば良いのだなー。」

とゆー★★★★★なAmazonレビューを頂戴しまして、只今暴落という名の巨人の襲来に見舞われておりますが、存外良い気分ではございます。

そんな具合で1月21日~1月23日の決済利益は+29,045円となりました。

Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP)で出版してみました
■武器としてのFX投資
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■本書の一部を試し読み頂けます
会社で干されたらFX投資を始めよう
なぜ日本人は投資ベタなのか
なぜ日本人は投資ベタなのか(2)
損が続いた時はどうすればいいのか
FX投資は退屈ぐらいがちょうどいい

■武器としてのFX投資2
Amazonで購入する
内容紹介
続編登場の経緯
PDF版で読む

■武器としてのFX投資3
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資4
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資5
Amazonで購入する
内容紹介

■カスタマーレビュー
★★★★★あー、意外とこんな緩めの売買で良いんだなー
★★★★☆:両建ては、やっていてとても楽しいです
★★☆☆☆:あまりにFXトレードを軽視及び偏視し過ぎている
☆☆☆☆:FXでのツナギ売買は無駄では?