燃(萌)えポジ乙。もはやラノベでも書くしかねえ

売買期間:2014年2月25日~3月8日
獲得利益:+8,420円 通貨ペア:AUD/JPY 運用口座:DMM.com証券

FX投資 収支報告
FX投資 収支報告

AUD/JPYは3月3日(月)の安値90.06円をつけた後、3月7日(金)には高値94.47円まで5連騰という想定外過ぎる展開に見舞われました。

3月3日時点でポジションを【0-4】とし、買い玉の最安値が90.238円という今から振り返れば素敵過ぎる状況としていたのですが・・・。

FX投資 収支報告

3月4日に91円手前で買い玉利食いしてホクホクしていたら、更に91.50円ぐらまで跳ねたので小躍りしながらもう一枚利食いしました。

2月27日とか28日の値動きを見ると92円台まで乗らずに反落というパターンなので、このへんでつないでおこうかなーと91.80円ぐらいでポジションを【1-1】にしたのであります。ま、この時点では妥当な判断と思っておりました。

・・・したら、翌々日の3月6日(木)には92.70円ぐらいまで上がりやがりまして、92.702円で買い玉を外して売り1枚だけ残された状況としたら、同日93.88円まで騰がると。

てか、3月6日夜に苦し紛れで93.598円でもう一枚売ったんですけどー。はい、裏目。この一時の熱病のような上がりっぷりは何なのだと。

更には、3月7日(金)には94.47円まで上げ続けるというオチまで付きました。もうしょうがないから、天井売りしてすぐ食べて、全部切った次第。斬られた感満載ですけど。

コツコツドカンどころの騒ぎではなく、コツコツズドンぐらいの破壊力はあったかなと。

全ポジションを捨て去る勇気」などと書いてから、裏目感ハンパないお。

気分を変えるためにラノベでも書こうかしら。
もうタイトルだけは決まっている。

「僕は運用ができない」これっしょ。

・・・僕は友達が少ない、的な?
読んだことないけど。

「てゆーか、あんたトレンド相場に弱過ぎ!ぷっ、最弱。ボックス相場でしか生きられないゴミなんて死んだ方がマシよ!!」

「不燃物?あっ、可燃物ね。ポジション燃えてるし。ぷぷー」

などとディスられる残念系男子のお話。うん、言われなくても知ってるから。

本気で書いちゃうよ?書いちゃうんだからね。うん、書くんだから―!!などと、脳内で現実逃避している今日この頃。

どなたか小説の書き方をレクチャーしてくれる方、ぼしゅうちう。若干本気。ひとまず今後の収支報告をラノベ調で綴ろうかと考えちう。

Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP)で出版してみました
■武器としてのFX投資
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■本書の一部を試し読み頂けます
会社で干されたらFX投資を始めよう
なぜ日本人は投資ベタなのか
なぜ日本人は投資ベタなのか(2)
損が続いた時はどうすればいいのか
FX投資は退屈ぐらいがちょうどいい

■武器としてのFX投資2
Amazonで購入する
内容紹介
続編登場の経緯
PDF版で読む

■武器としてのFX投資3
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資4
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資5
Amazonで購入する
内容紹介

■カスタマーレビュー
★★★★★あー、意外とこんな緩めの売買で良いんだなー
★★★★☆:両建ては、やっていてとても楽しいです
★★☆☆☆:あまりにFXトレードを軽視及び偏視し過ぎている
☆☆☆☆:FXでのツナギ売買は無駄では?