与沢翼氏の経営破綻報告に思うこと

“秒速で1億を稼ぐ男”として注目された実業家の与沢翼氏(31歳)が、自身のブログとFacebookで、会長を務めるフリーエージェントスタイルの経営資金のショート及び、税金の滞納について報告をした。

以下、与沢氏のブログより引用。

2013年8月期決算の法人税、住民税、及び事業税2億5千305万の支払いのうち約1億1千万円並びに2012年8月期の修正申告分の税として8940万7200円を追加で計約2億円支払い、並びに2014年8月期決算予定納税の一部を支払い、フリーエージェントスタイルの資金が完全にショートしました。そのため、今日時点において、既にフェラーリ、ロールスロイス、ベントレー3台を売却し、住宅なども全て解約しております。

海外FXで資金を吹き飛ばしたとの記述もある。

また、弊社グループの役員に、自分も投資をしているからということで紹介された月利5~10%という海外FXに、香港にまで行って2月上旬に投資をしたところ、1月末ごろには利益が出るどころか1か月で元本の90%を失ったと言われ、多大な損害を出してしまいました。これらによって2月末日、国税に対し最後の約束が履行できないことが確定となり、以後、黒崎ビル本社、私の住宅等に差し押さえがかかりました。

運用の焦げ付きは結果論でしかありませんが。

そもそも納税するための資金が手元にないという状態で、なんでわざわざ資金拘束されるような状況へと舵を切ったのだろうか。そこが疑問。

運用に回している間の資金は預貯金と違って多少なりとも流動性が低下するという概念が欠落していたとしか思えません。

「この金を失ったらすべてが終わる」というような虎の子の資金を投機にぶち込むべきでないのは言うまでもないことかもしれませんが、これから投資を始めようという方はぜひ余裕資金で取り組まれることをお勧めいたします。

Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP)で出版してみました
■武器としてのFX投資
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■本書の一部を試し読み頂けます
会社で干されたらFX投資を始めよう
なぜ日本人は投資ベタなのか
なぜ日本人は投資ベタなのか(2)
損が続いた時はどうすればいいのか
FX投資は退屈ぐらいがちょうどいい

■武器としてのFX投資2
Amazonで購入する
内容紹介
続編登場の経緯
PDF版で読む

■武器としてのFX投資3
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資4
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資5
Amazonで購入する
内容紹介

■カスタマーレビュー
★★★★★あー、意外とこんな緩めの売買で良いんだなー
★★★★☆:両建ては、やっていてとても楽しいです
★★☆☆☆:あまりにFXトレードを軽視及び偏視し過ぎている
☆☆☆☆:FXでのツナギ売買は無駄では?