1日65円のスワップ支払いにイラつく小市民デイズ

売買期間:2014年6月17日~6月19日
獲得利益:+5,025円 通貨ペア:AUD/JPY 運用口座:DMM.com証券

FX投資 収支報告

AUD/JPY前週、95.80円後半から上ではちまちまとショートしておりましたが、95.50円より下では基本ロングという方針。

で、20日現在95.90円前後を推移しておりますので、先週のように細々と売る局面に移行してきた訳ですが、売りポジを建てて週をまたぐのもスワポの支払いを考えるとアレですし。

過去数カ月の高値を見ると、6月13日(金)に96.15円、少々遡って4月4日(金)に96.52円をつけておりまして、同日以降の安値は5月21日(水)の93.04円ということを踏まえると、まあ「売り」という判断になるのでしょうが。

高値圏での売りって、1週間か2週間ぐらい頑張ってホールドするけど、なかなか落ちずにスワップがかさんで結局イライラして同値ぐらいで切ると3週間から1ヶ月ぐらい経つと一時的にズドーンと落ちて、「ああ、またか」というパターンなんですよね。自分の場合。

95.90円だか96円ぐらいで売り玉をセットして、場合によっちゃ96.60円よりちょい高めにストップ付けといて、あとは単に待ちゃいいだけなんですけど、結局落ちるのを待ってられないという繰り返しなんすよね。

小市民としては、たとえどんなに少額であろうとスワップの支払いが積み重なっていくのが、無性に腹立たしい訳なんですねえ。過去の値動きだの期待値だのを持ち出すと間尺に合わない非合理的な感覚なんですが、いつまで経ってもこの小市民感覚が抜けないので、トレーダーとして大成せずに時を過ごしております。

売り玉を建てて2日経つと「あ、マックコーヒーがタダで飲めたのに」となり、5日経つと「スタバでフラペチーノ飲めたじゃん」とラテ代に自動換算してしまう、そんな自分はきっとトレーダーには向いていないんだと思います。根本的に。

Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP)で出版してみました
■武器としてのFX投資
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■本書の一部を試し読み頂けます
会社で干されたらFX投資を始めよう
なぜ日本人は投資ベタなのか
なぜ日本人は投資ベタなのか(2)
損が続いた時はどうすればいいのか
FX投資は退屈ぐらいがちょうどいい

■武器としてのFX投資2
Amazonで購入する
内容紹介
続編登場の経緯
PDF版で読む

■武器としてのFX投資3
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資4
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資5
Amazonで購入する
内容紹介

■カスタマーレビュー
★★★★★あー、意外とこんな緩めの売買で良いんだなー
★★★★☆:両建ては、やっていてとても楽しいです
★★☆☆☆:あまりにFXトレードを軽視及び偏視し過ぎている
☆☆☆☆:FXでのツナギ売買は無駄では?