勝率93%の売買結果を公開します

武器としてのFX投資2」で運用資金20万円を元手に、2013年10月25日以来、月利10%を目標としてちんたらと運用を続けてまいりました。

「で、その後どうなったの?」というご質問をいくつか頂戴いたしました。

「実際増えてるの?」
「それとも溶かしたの?」
「結局、通算だとどんな具合なの?」

月利10%という利益目標が大それたものなのか、はたまたささやかなものであるかは議論の分かれるところかと思いますが、月2万円の利益と聞くと若干ショボい印象を誘発するようです。

しかしながら、ショボい利益であっても毎月コツコツと積み上げることができさえすれば、なおかつ運用自体にさしたる手間や労力も精神的な負荷もかからないとすれば、それはそれでアリだと考えます。

大損しないこと。これ、もっとも重要かなと。

では、具体的に日々どんな風に情報収集をし、どんな風に売場記録を付け、どういった具合に売場判断をして、どんなポジションを組んでいるのか。

そのコツ的なものを多少なりお伝えできたらなあと思い、2013年10月25日~2014年8月2日にかけての全トレード記録を収録した売場譜を公開しようと考えるに至りました。

同期間中、全トレード総数494回、利益決済230回、損切り15回、勝率93%となりました。

「損切り不要」とか言いつつも、実際には損切りする場面もありましたし。どんなケースで損切りしたかというと、ほぼほぼ似通った条件下だったり。

勝率93%とかだいぶ胡散臭いけど、取引あたりの利益額と損失額はどんなもんなのとか。勝率を高くするために、評価損のポジションを隠し持っているだけなんじゃないのとか。

ま、いろいろと疑問の余地があるかと思いますので。 この際なので、取引の全記録を公開いたします。今回ご用意したのは以下の12ファイルです。動画も作成してみました。

武器としてのFX投資 【動画解説付き】
武器としてのFX投資 動画解説付き

ご興味がある方はご覧くださいませ。

Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP)で出版してみました
■武器としてのFX投資
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■本書の一部を試し読み頂けます
会社で干されたらFX投資を始めよう
なぜ日本人は投資ベタなのか
なぜ日本人は投資ベタなのか(2)
損が続いた時はどうすればいいのか
FX投資は退屈ぐらいがちょうどいい

■武器としてのFX投資2
Amazonで購入する
内容紹介
続編登場の経緯
PDF版で読む

■武器としてのFX投資3
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資4
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資5
Amazonで購入する
内容紹介

■カスタマーレビュー
★★★★★あー、意外とこんな緩めの売買で良いんだなー
★★★★☆:両建ては、やっていてとても楽しいです
★★☆☆☆:あまりにFXトレードを軽視及び偏視し過ぎている
☆☆☆☆:FXでのツナギ売買は無駄では?