武器としてのFX投資5 内容紹介

「武器としてのFX投資」シリーズ第五弾、登場です。

武器としてのFX投資5をダウンロードする

内容紹介

去る2013年10月25日。
運用資金20万円を元手に、月利10%を目標に掲げ運用実験をスタート。

あれから時は流れ、約10ヶ月後の2014年8月。
「例の運用実験のその後」について、取引通信簿の各種指標を用いつつ振り返ります。

目次

私に1万円ください、2年後に35兆円にしてお返ししますので
まずは生き残れ、話はそれからだ
2013年10月25日~2014年8月2日までの売場記録
ペイオフレシオが上がれば、勝率は下がる
プロフィットファクター2.0の衝撃
両建てトレードの評価に最大ドローダウンが使えない理由
参考リンク

Kindle端末をお持ちでない方も無料アプリをダウンロードすればお手元のスマホやタブレットで閲覧できます。KindleアプリはiPhone、Android、iPadでご利用いただけます。

Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP)で出版してみました
■武器としてのFX投資
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■本書の一部を試し読み頂けます
会社で干されたらFX投資を始めよう
なぜ日本人は投資ベタなのか
なぜ日本人は投資ベタなのか(2)
損が続いた時はどうすればいいのか
FX投資は退屈ぐらいがちょうどいい

■武器としてのFX投資2
Amazonで購入する
内容紹介
続編登場の経緯
PDF版で読む

■武器としてのFX投資3
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資4
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資5
Amazonで購入する
内容紹介

■カスタマーレビュー
★★★★★あー、意外とこんな緩めの売買で良いんだなー
★★★★☆:両建ては、やっていてとても楽しいです
★★☆☆☆:あまりにFXトレードを軽視及び偏視し過ぎている
☆☆☆☆:FXでのツナギ売買は無駄では?