電子書籍の売り上げ動向と価格設定の妙

武器としてのFX5」を電子書籍で500円で販売し、「武器としてのFX1~4+動画解説付き」を12,800円を販売したところ、販売本数がほぼ同数という不思議な売れ行きになっております。

価格差的には電子書籍が25倍ぐらい売れてもいいはずなんですけどねー。

電子書籍はやっぱし売れないのか、はたまた動画コンテンツが思いのほか売れたのか。どちらなのかよく分からないですが、ひとまず「価格の心理学」ってこういうこと?

同じものでも売る場所や並べる箇所を間違えば売れないし、反対に、戦略的に販売できれば高く買ってもらうこともできる、というのが価格設定の妙味であろうかと思います。

以前「武器としてのFX投資」を出版した際に

500円は安すぎます。あまりに安いと逆に中身が無いんじゃね?と舐められるので、次回からはもっと値上げしたほうが良いと思います。

このような素晴らしい内容が500円の訳がありませんので。現実的なところとして3,000円ぐらいではないでしょうか。

というご意見を頂戴したことがありました。500円は安すぎるとのアドバイスはたいへんに嬉しく思いました。

ですが、99円本や100円本が大半の電子書籍のマーケットにおいては販売価格が500円でも割と高いという状況であり、情報商材にするには分量が少なめ、かつ体系立っていないという代物であるために、500円の値付けをしているという事情があります。

他方、周りのコンテンツが数万円という価格帯が多い情報商材のマーケットで販売する場合、500円という値付けは安過ぎてかえって信憑性を疑われる結果を招く可能性が少なからず存在します。

このように、中身は同一であってもマーケットによって販売価格は変わるのです。

電子書籍単品では大した儲けにはなりませんが、いろいろとパッケージングや価格帯を工夫すると案外面白いコンテンツ群を構築できたりします。言うなれば、枯れたコンテンツの水平展開であります。

プライシング(値付け)って何気に科学的だよね、と思う今日この頃。

Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP)で出版してみました
■武器としてのFX投資
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■本書の一部を試し読み頂けます
会社で干されたらFX投資を始めよう
なぜ日本人は投資ベタなのか
なぜ日本人は投資ベタなのか(2)
損が続いた時はどうすればいいのか
FX投資は退屈ぐらいがちょうどいい

■武器としてのFX投資2
Amazonで購入する
内容紹介
続編登場の経緯
PDF版で読む

■武器としてのFX投資3
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資4
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資5
Amazonで購入する
内容紹介

■カスタマーレビュー
★★★★★あー、意外とこんな緩めの売買で良いんだなー
★★★★☆:両建ては、やっていてとても楽しいです
★★☆☆☆:あまりにFXトレードを軽視及び偏視し過ぎている
☆☆☆☆:FXでのツナギ売買は無駄では?