どの程度の値幅で損切りするかはATR(20)で測れ

  • 売買期間:2014年10月16日
  • 獲得利益:+26,180円
  • 運用口座:DMM.com証券

FX投資 収支報告

少々前ですが、過去の売買歴を更新します。

FX投資 収支報告

過去のAUD/JPYの値動きを見ると、10月6~9日まで高値95円台後半をウロウロしていたのが、10月16日に一時92円台を割り込み、24日には95円台までV字回復したという次第ですね。

値幅は一日の高値と安値の差を表していますが、10月13日~16日は一日に2円幅近い上下動があり、だいぶ荒っぽい値動きだったことがこの表からだけでも窺い知れるかと思います。

その隣のATR(20)という項目は、直近20日間の値幅の平均値です。10月6日の週は一日80銭程度の値動きだったのが、10月16日以降1日1円幅程度の値動きとなっています。

このATR(20)は、ストップロスの基準値として活用するのが一般的です。

たとえば10月6日の週では、1ATRの逆行をロスカットないしつなぐ基準とすれば80pips程度、2ATRであれば160pips程度となります。

同様に10月16日以降であれば1ATRの負けは約1円幅、2ATRだと2円幅程度の設定となります。

利食いは早くても死にませんが、損切りが遅いと即死の可能性があります。ですが、具体的に損切りのラインをどう見込めばいいのかよく分からないと言う方は、1ATRないし2ATRの値幅をロスカット値として採用するのをお勧めいたします。

ちなみに、勝率に拘る方は2ATRで、傷は浅めで留めておきたい方は1ATRでの設定が望ましいかと思います。

Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP)で出版してみました
■武器としてのFX投資
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■本書の一部を試し読み頂けます
会社で干されたらFX投資を始めよう
なぜ日本人は投資ベタなのか
なぜ日本人は投資ベタなのか(2)
損が続いた時はどうすればいいのか
FX投資は退屈ぐらいがちょうどいい

■武器としてのFX投資2
Amazonで購入する
内容紹介
続編登場の経緯
PDF版で読む

■武器としてのFX投資3
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資4
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資5
Amazonで購入する
内容紹介

■カスタマーレビュー
★★★★★あー、意外とこんな緩めの売買で良いんだなー
★★★★☆:両建ては、やっていてとても楽しいです
★★☆☆☆:あまりにFXトレードを軽視及び偏視し過ぎている
☆☆☆☆:FXでのツナギ売買は無駄では?