こんなに安心して売買できるFXは他にはないと思います

勝率9割!損切り不要のFX投資術」に関して古澤様より以下のようなご感想を頂戴しました。ご本人の許可を得ることができましたので、全文掲載させていただきます。

ご無沙汰しています。古澤です。林輝太郎先生の名著「ツナギ売買の実践」などを座右に置いて、20年以上も読み返し過ごしている古い古い人間です。

09-11-21付、10-7-30付、11-4-4付で少し感想を書かせていただきました。

ときどきブログを覗かせていただいていますが、ブログ。最新情報も古いデータも充実し、進化していますね。文章は噛み砕いて誰にでも分かりやすいように書かれていますし。

それにしても、山田さんは「ツナギ、両建て売買の手法、ちっともぶれない強靭な心の持ち主」ですね。いつも敬服しております。ご多忙にも拘わらず。

私は暇に任せて、今流行の自動売買のシストレ24などなど、体験的にやってみましたが、正直言ってリーマンショック以降の荒っぽいマーケットでは、うまくいかないですね。テクニカルもたくさん用意されていますが、静かな時はともかく、荒れた相場ではなかなか厳しく、思うようには対応してくれませんね。

結局、「こつこつどかーん」で何度となく100~200pipsの高額のロスカットを喰らい、安心して任せることはできませんでした。シストレ24で最も評判のストラテジー(AUD円)でも、売りと買いの逆行逆行で大幅ロスカットの連続です。頭のよい人によって相当に精緻に作られたものと思いますが、一旦狂いだすと、酷いものです。

その点、山田さんの主宰する「ツナギ売買(両建て売買)」は、マーケットでは怖いもの知らずで、着実にかつ手堅く利益を上げることがことができますね。

まさに昨今のような荒れたマーケットにはうってつけですね。エントリーしても常につないでおけば、ロスカットとも無縁で、あとは利益を増やすタイミングを狙うだけで、こんなに安心して売買できるFXは他にはなく、現に追随を許していないと思っています。

ところで、今回の上げ相場は面食らいましたね。いつものように単なる急騰急落と思い、下げをとるチャンスと狙っていましたら、中々下げてくれず、何度も踏まれてしまいました。

つないで両建てでしたから、損はなかったのですが、儲け損なっただけです。やはり、レンジ相場で上げ下げ、ややゆっくり目の売買が精神衛生上もよいのかもとつくづく思いました。

取りとめもなくメールしてしまいました。更なるご活躍、祈っております。

古澤公夫

古澤様、今回も貴重なご感想どうもありがとうございました。

Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP)で出版してみました
■武器としてのFX投資
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■本書の一部を試し読み頂けます
会社で干されたらFX投資を始めよう
なぜ日本人は投資ベタなのか
なぜ日本人は投資ベタなのか(2)
損が続いた時はどうすればいいのか
FX投資は退屈ぐらいがちょうどいい

■武器としてのFX投資2
Amazonで購入する
内容紹介
続編登場の経緯
PDF版で読む

■武器としてのFX投資3
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資4
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資5
Amazonで購入する
内容紹介

■カスタマーレビュー
★★★★★あー、意外とこんな緩めの売買で良いんだなー
★★★★☆:両建ては、やっていてとても楽しいです
★★☆☆☆:あまりにFXトレードを軽視及び偏視し過ぎている
☆☆☆☆:FXでのツナギ売買は無駄では?