デフォルトするとか、しないとか

週明けの7日は円高方向へ反応しました。

米予算協議や米債務上限引き上げに関してゴタついており、リスク回避的な円高基調が継続している様子ですが。

実際にデフォルトしちゃったらどーすんのよ?という若干の懸念と、
土壇場での回避という楽観論が大半を占めているものの、
「まさかのデフォルト」も可能性はゼロではないとか、そんな危ない状況らしい。

で、知りたいのは「実際にデフォルトした時にはどんな影響がでる可能性があるの?」
という率直な疑問なのですが、

米国債発行の責任者である米財務省が、デフォルトした場合には「2007年─09年よりも深刻なリセッションに陥る恐れがある」と警告。「市場は麻痺し、ドルは急落、米国の金利は急上昇しかねない」と分析した

などと書かれているぐらいで、正直あんまり参考にならない感じ。

そんな訳なので基本的には突発的な円高方向への対応を講じた方が無難かと思いますが、
土壇場回避シナリオの場合、円安方向にぶっ飛んだりしちゃうこともあるのだろうか。

結論。

よく分かんない。近づくな。

以上。

Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP)で出版してみました
■武器としてのFX投資
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■本書の一部を試し読み頂けます
会社で干されたらFX投資を始めよう
なぜ日本人は投資ベタなのか
なぜ日本人は投資ベタなのか(2)
損が続いた時はどうすればいいのか
FX投資は退屈ぐらいがちょうどいい

■武器としてのFX投資2
Amazonで購入する
内容紹介
続編登場の経緯
PDF版で読む

■武器としてのFX投資3
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資4
Amazonで購入する
内容紹介
PDF版で読む

■武器としてのFX投資5
Amazonで購入する
内容紹介

■カスタマーレビュー
★★★★★あー、意外とこんな緩めの売買で良いんだなー
★★★★☆:両建ては、やっていてとても楽しいです
★★☆☆☆:あまりにFXトレードを軽視及び偏視し過ぎている
☆☆☆☆:FXでのツナギ売買は無駄では?