第一章:なぜ日本人は投資ベタなのか

日本人は運用や投資が苦手だとよく言われますが、著名ブロガーのちきりん氏は「日本は金融業はもうやめた方がいいよね」とまで書いています。なぜ日本人に金融業が向かないのか。その理由を6つ列挙されています。(2011年7月4日「金融業なんて向いてないし、東証も要らない。」より引用)

(1)リスクとるのが嫌い
金融ってリスクに応じたリターンを得るビジネスなんだから、リスクとるの嫌いな日本人 には向いてない。それってイコール「リターン得るのが嫌い」と言ってるのと同じなんだから。

(2)英語が苦手
金融って、最も世界共通が進みやすいビジネスでしょ。お金はお金であって、made in Japanのお金という概念もないし、ニーズの違いもないです。どこの国の人も運用するなら10%の利子の方が5%の利子よりいいと思ってる。世界共通の商売は英語で行われるようになるのが必然。英語が苦手な日本人には向いてない。

(3)ロジックも苦手
金融商品ってのは計算であり、論理の産物です。最近は“ゆとり”に加えて少子化で、大学受験でさえエッセイと面接で乗り切れてみんな算数できなさすぎ。加えて日本では論理より「みんなが言っていること」が大事なんだから、金融なんて全然向いてない。

(4)スピードが大事
金融は意思決定のスピードが生死を分けます。「熟考が大事」とか「重箱の隅まで全部、証明されないと信じない」とか「石の上にも3年」な文化には合わないです。

(5)金融は専門知識がすべて
なのに、この国って未だに「ジェネラリスト」がエリートだとか思ってるんだからお話にならないでしょ。

(6)お金が汚いものだと思ってる
しかも一部の人は「モノ作りで稼いだ金は、金融取引で稼いだ金より尊い」と信じてる残念さ。

日本人に金融業が向かない理由として、これほど的を得た指摘は正直見たことがありません。実に見事な洞察であると思います。日本人の国民性に相照らすと金融業は向かないという主張に関して、個人的には反論も異論もありません。事実、その通りなのですから。

たしかに日本人は金融業には向いていないかもしれません。ですが、だからといって日本人にはFX投資も向いていないかというと、案外そうでもない、というのが個人的な見解です。