武器としてのFX投資3 内容紹介

「武器としてのFX投資」シリーズ第三弾、登場です。今回はこれまでと趣向が異なるかも。

武器としてのFX投資3をダウンロードする

内容紹介

前著「武器としてのFX投資2」は、自らの売買記録を「素材」として、どのような思考過程を経て「売り」や「買い」のタイミングを決めているのか、事前に何を考えて両建てのポジションを解体しているかなど、身も蓋もないぐらい本音ベースで語ったものです。

これは言わば、運用という名の「実験」であり、売買記録は即ち「実験データ」であると考えても差し支えないでしょう。「実験」である以上、いつもいつも正しい結果、つまりは利益がでる「データ」ばかりが導かれる訳ではないと考えるのが普通です。

でも、実際に「実験」しているのは自分ただ一人だけ。それって、いくらなんでも「実験データ」偏り過ぎだよね、と常々思っておりました。だから、誰か一緒に共同研究してくれる人いないかなー、っていう内容を前著の巻末で募ってみたのです。

そしたら、「共同研究者に名乗り出ます」というコメントと共に、自身の売買譜を送ってきた人が現れたのです。自称:社畜トレーダーのNY氏!

氏の実験概要は以下の通り。

・資金:20万円スタート
・目標:月利10%前後
・期間:1/13からスタート(すでにスタートしてます)
・通貨:基本的にUSDJPY。気が向けばEURJPYやAUDJPYも
・運用スタイル:社畜なのでデイトレスタイル。相場観のみ。SWAPはムシ
・今後の目標:安定的に月利10%前後が到達できるなら、資金を20万円ずつ増加予定

NY氏のお陰で、ぼくの手元に「自分以外が運用した売買結果」が届いたのです。そこで、ふと思ったのです。いただいた売買記録を「素材」として、他人の売買の意図を勝手に考察してみようという、ある意味「赤ペン先生」的なシリーズができそうな気がするのではないか、と。

そのような形で扱わさせていただいても大丈夫でしょうか?との申し出に快諾頂き、今回の企画が生まれました。

つまり、前著は「自分がトレードした結果を、自分で解説したもの」でありました。対して、本書は「他人がトレードした結果を、運用記録のみからその売買意図を読み解こう」というものであります。

もちろん、赤ペン先生のような客観的な指摘・批評には確実になっておりませんが、「他人の売買を批評・分析することで、どんな発見があるのか」という問いに対する一応の回答にはなっているものと思います。

自分のトレードを振り返るのも勉強にはなりますが、たまには人の売買歴をじっくりと眺めてみるのも結構にいろいろな発見があるものだなあ、というのが率直な感想であります。「他人のトレードの具体的な読み方」を知る一つの参考事例としてご活用頂けると幸いです。

Kindle端末をお持ちでない方も無料アプリをダウンロードすればお手元のスマホやタブレットで閲覧できます。KindleアプリはiPhone、Android、iPadでご利用いただけます。