序章:会社で干されたらFX投資を始めよう

通勤時、電車内でスマホを操るスーツ姿のビジネスマンをよく見かける。だいたいがソーシャルゲームに興じている。残念だが、為替レートはチェックしていないようだ。

ソーシャルゲームに小銭を貢ぐらいなら、同じ金額をFX投資に突っ込む方が建設的であると個人的には思う。

前者は貴重な時間とお金を失うだけであるが、後者は暇潰しに加えて、上手くいけばお金が増える可能性がある。それにトレードを繰り返していれば、自然と雑多な金融知識が身についてくるし、為替市場を取り巻く経済ニュースにも耳聡くなってくるという恩恵もある。

FX投資を始めることによって「数字に強い」ビジネスマンになれたり、特に自主的に勉強したりとかしなくても経済ニュースに明るい就活生になれたりするというオマケ付き。

始めようと思えば、500円や1000円からでもFX投資を始めることができる訳で、「起業」なんかと比べると実に敷居も低い。

でも、「投資」ってなんだか難しそうだよね。
専門知識とか必要なんでしょう?
数字を扱うからアタマ良くないと無理そうじゃない?
チャートとかいうのが読めないと駄目なんでしょう?
仕事が忙しくて、投資について勉強する時間なんてないし。
そもそも投資を始めるお金とかないから。

・・・投資を始めるのに二の足を踏む理由はだいたいこんな感じだ。

でもね。

FX投資はたぶんあなたが思っている以上にシンプルな原理で動いている。

投資を始めるのに高度な専門知識は要らないし、とりあえず本書を一冊読んで貰えれば、知識面に関しての不足は生じないはず。

数字を扱うといっても「中学生程度の計算力」があれば十分だ。 チャートなんてぜんぜん読めなくても構わないし、読めるようになる必要もあまりない。 とある証券口座の報告によると、FX投資を始める際の初期投資額は10万円ないし20万円程度というのが平均的らしいけれど、別に5,000円や1万円ぐらいから始めることも可能だ。

そう、重要なのは「とりあえず始めてみる」ことなんだ。

投資を始めるきっかけはそれぞれだろうが、自らを取り巻く環境に何らかの不満を感じているとしたらそれは最大の動機足り得るだろう。

会社で干された、就活に倦んだ、自己成長を感じられない日々に嫌気が差した・・・。もしあなたが毎日にそんな閉塞感を感じているとしたら・・・。

おめでとう!FX投資を始める絶好のチャンスです。

投資の世界は、あなたを取り巻く日常とは異なったルールによって動いている。従って、あなたの投資家としてのポテンシャルとあなたへの世間的な評価とは必ずしも相関しない。無関係、と言っても過言ではないだろう。

たとえあなたが就職浪人中だったり、社内ニート化していたり、訳あって無気力社会人を演じていたりしても、何ら問題ない。もしかしたら秘めたる投資センスが眠っているかもしれない可能性は十二分にある。

そう、だから「投資を始めること」を恐れないで欲しい。

始めてみて、性に合いそうだったら投資活動を続ければいい。投資判断を繰り返すうちに、余人の与り知らぬ水準まで上達することだろう。

投資を始めてたものの、あまり上手くいかないとか、なんとなく自分には向いていない気がしても大丈夫。得意になりたいと思うようであれば、少し時間はかかるかもしれないけど、自分のペースで続けてみて欲しい。きっと上手になれるはず。

あまり向いてないような気がしたら、投資活動に固執せずに、打ち込める別の何かを探してみて欲しい。

本書があなたの投資家的頭脳を覚醒させる一助になればこれ以上嬉しいことはない。

さあ、一緒にFX投資家としての扉を開こう!